長野第一法律事務所 ブログ《分野別の記事と信州の記事を掲載しています》

長野県長野市の法律事務所(弁護士事務所)〈長野第一法律事務所〉のブログです。 長野市,中野市,須坂市,飯山市,千曲市,上田市,松本市,安曇野市ほか長野北信地域の皆様を中心に法律相談,各種手続,訴訟代理業務等に対応しています。 ツイッターはこちらhttps://twitter.com/ 〒380-0842 長野市西町568番地1 長野県弁護士会所属 代表弁護士 武田芳彦 弁護士 一由貴史 弁護士 坂井田慧 弁護士 和手俊允

長野第一法律事務所 ブログ《分野別の記事と信州の記事を掲載しています》 イメージ画像
営業日・営業時間のご案内

平日午前9時~午後5時30分 土日祝日休業
(刑事事件など対応に急を要する事件の場合には,土日夜間の相談も対応いたします。)

交通事故(弁護士特約利用は除く),相続,離婚,多重債務,労働事件(労働者側),消費者被害事件については,初回の相談料無料です。お気軽にご相談ください。

※ご相談は予約制となっております。

 電話番号026-233-0345へご予約のお電話をお願いします。

 平日は多忙で予約の電話が難しい,という方には,平日夜間・土日祝日にも相談の予約を受け付けています。
 平日夜間・土日祝日受付電話番号  09035850709
 平日夜間 午後5時30分~午後9時まで 
 土日祝日 午前10時~午後4時

更新情報

質問:「法律相談」ってどんなことをしてくれるのですか?答え:法律相談は,相談者の方がお悩みのことについて,弁護士が法的な観点から,解決策の提案,必要な資料収集,相手方への対応,法的手続きの要否,事案に適した手続きの選択,などについてアドバイスを行うもので
『法律相談とは よくある質問』の画像

当事務所では,1 交通事故2 多重債務3 離婚4 相続・遺言5 消費者被害6 労働事件(労働者側)のご相談については,初回相談料無料(30~60分程度)です。(※弁護士費用特約の利用の場合は除きます。) 4名の弁護士が在籍しており,ご都合にあわせ,お急ぎ

1 顧問先の会社から契約書の取り交わしについて相談を受けることがあります。  契約書は,取引を行う際には,必ず取り交わしておいたほうが良いことはいうまでもありません。  2 そして,契約はその取引,取引によって,千差万別です。同じような取引であっても,企
『取引にあたっては「契約書」をきちんと取り交わしましょう』の画像

読売新聞の記事です。以下引用。「刺激証拠」で裁判員に精神的負担、公判日程取り消しに2021/09/19 05:00 傷害致死罪に問われた男の裁判員裁判で、大阪地裁佐藤卓生裁判長)が8月末の初公判後、残りの公判日程を取り消していたことがわかった。弁護側が使う予定だった写真

今日は遅い夏休みでお休みをいただきました。コロナ禍でしばらく休館していた長野県立美術館へ。2回目です。今回は特別展の「森と水と生きる」を観にいきたかったのです。展示は撮影禁止のため、ぜひ足を運んでご覧ください。内外の素晴らしい絵画や写真が展示されています。
『県立美術館 森と水と生きる』の画像

深刻…急増する住宅ローン破綻 返済困窮者8万人超というニュースを目にしました。(1)住宅ローンが払えない=任意売却ではない 収入が減少して,住宅ローンが支払えなくなった場合に,住宅の「任意売却」を解決方法として勧誘する不動産業者は多くあります。本当にそれし

 本日(2021年9月14日)付で,厚労省の脳・心臓疾患についての労災認定基準が改正されました。 厚労省のHPへのリンク→こちらです。  改正のポイント1  長期間の過重業務について(1)労働時間と労働時間以外の負荷要因を総合評価して,労災認定することを明

長野第一法律事務所から歩いて1分くらいのすぐ近くにある四季食彩YAMABUKIさんでは、テイクアウトのお弁当を扱っています。注文を受けてから揚げるから揚げ弁当が美味しく、たまにお昼ごはんにいただきます。 わたしは現在出っ張ったお腹を引っ込めるため、お昼ごはんは基本
『四季食彩 YAMABUKI(長野市大門町)のお弁当』の画像

 わたしは,いわゆる流行の音楽はほとんど聴きません(古いジャズなどを聴いています)。 最近どんなミュージシャンが流行っているのかも知りませんし,YOASOBIとヨルシカの区別もつきません(その割には名前を知っているじゃないか,という突っ込みもありそうですが)。 
『Official 髭男dism 「アポトーシス」』の画像

2021年9月7日,時事通信の記事です。弁護団「控訴審で誤り正す」 秋元被告、判決「頭にきた」 IR汚職懲役4年の実刑判決を言い渡された衆院議員秋元司被告(49)の弁護団は7日、東京都内で記者会見し、検察側の主張を全面的に認めた東京地裁判決を批判。  「控訴審

↑このページのトップヘ